生活と記憶

Keep Climbing キープクライミング

 

これは僕の座右の銘です。

デルタ航空の広告に使われてた言葉。

意味は『更に高みへ』。

向上心を表す言葉なのですがこの言葉の良いところは『更に』とあり現状でも相応の位置にいるということ。努力して今の位置にいるけどもっともっと上を目指そうぜ、というプライドと反骨心が詰め込まれた言葉。

 

はい、今日はPEDRO及びアユニ・Dさんのお話。

PEDROはBiSH アユニ・Dによるソロプロジェクトのバントでアユニはボーカル兼ベースを担当している。

 

完全に書くタイミング今日じゃない。今日じゃないのよ。

土曜日に武道館公演があるんですね。ソロプロジェクトで武道館ですよ?なかなかになかなか凄くないですか?

絶対に終わってから書けば良かった…

では何故今日ブログを書いているかと言うと今日You Tubでドキュメンタリー映画がプレミアム公開されましてそれがメチャメチャ良くて昂ぶってしまったから。良かった、本当に良かった。

そもそも僕、ドキュメンタリーってそんなに肯定派じゃないんですよ。

だって推しメンのドキュメンタリーなんてずっと見てるじゃないですか?今自分が見てる推しメンこそドキュメンタリーだと思うんです。なのでそんなに必要ないかなとは思ってるんです。

でもいくつか良いとこもあります。

①裏話とか第三者の意図による推しメン及びその周りの動き

推しメンの些細な動きは見逃さないとは思っていても周りにいる海千山千おじさんの策略までは読めなかったりするのでそこは良いですね。

②自分の感じてたことを推しメンが言語化してくれることによる答え合わせ。

こっちがメインですかね。あの時こうこうこう思ってこうした、みたいな話があると高確率で『だよね!そうだよね!』ってなるのであーちゃんと見えてるなとも思えるしちゃんと伝わってるよ!推しメンとも思えるし、ちょっとしたアハ体験でもありますよね。

 

事実は小説より奇なりという言葉があります。

小説/フィクションだって素敵です。フィクションに込められたメッセージって作者の人生観が詰め込まれてることが多いと思ってるので必ずしも作り物って訳では無いと思うんですよね。ただノンフィクションで伝わる推しメンからのメッセージはもっと雑味があると言うかなんと言うかキレイじゃないと言うか果汁丸絞りジュースと濃縮還元の違いのような、どっちが良いとかじゃなくてストレートに伝わってくるというか今回はそんな映画でした。

 

 

 

そんなドキュメンタリーの中でこの武道館に向けて作られた歌『東京』が発表されました。


f:id:kendochorai413:20210208235618j:image

良い歌詞ですね。これを知らんおじさんが書いててもなんとも思わんかもしれないけどそれこそ普段からこれ書いてる推しメンのドキュメンタリーを見てる身としてはこれが推しメンの生の声だということが伝わってくる訳で言葉一つ一つが宝物のように感じます。

 

札幌の女子高生が学校を中退して東京に上京して夢を掴む話。

これくらいの年齢で上京に賭ける歌が心に響かないはずがない。

YUIさんのMy Generationと一緒。いつの時代だってティーンの夢は熱い。

 

自分にもこんな時代あったなって。

バレーボールにかけた青春

全国制覇することに人生の全てを懸けて、目の前の敵に勝てるなら死んでも良いと思ってました。

でも時が過ぎ少し大人になると思うんです。あれだけが人生じゃなかったな。あそこで死んでも良いと思ってたなんて馬鹿げている。

でもまた時が過ぎ思うんです。あの時より熱くなることはやっぱり無いのかな。あの時死ぬほど熱くなれたのが羨ましいなと。

でもまだ遅くないんですよね。

アイドルに自己投影して自分が叶えられなかった夢を叶えてもらうのも結構だけど燃えてる熱い推しメン見て自分自身奮い立たせても良いじゃない。自分の人生だってまだまだこれからじゃない。

 

僕の嫌いなTL第一位が『推すとは?』『単推し至上主義』みたいなTLです。こっちは趣味でやってんだ、お前の価値観押し付けんじゃねぇ、と思う訳です。

ですが僕にも推しメンの基準があります。

推しメン=僕の人生を豊かにしてくれる人です。

推すという言葉からするに、

オタク=神輿を担ぐ人

アイドル=担がれる人

と考えがちですが僕は逆だと思っていて

多くのアイドルは誰かを元気にしたい、笑顔にしたいと思ってその職についてることが多いことと思います。輝くアイドルを見ることにより自分も頑張る、背中を推してくれる。

なんとも自分本位な考えではありますが僕の人生にプラスの影響を与えてくれる人は全員推しメンです。

特に今日のドキュメンタリー見てアユニさんには背中推してもらった感じがします。

 

武道館熱くなりそうだなと自分の人生にももう少し熱くなってみようかなと思った話。