くろすろーど

推しメンちゃん自己実現の為に頑張れ!!とそれを応援するオタクの話

 

人生の岐路に立ったとき、今いるコミュニティへの恩義・既存の顧客・自己実現など色々なことを勘案してその時ベストと思える選択をしていく訳だが『自己実現』を選択したことは間違いなく正しい。

だから絶対に成功させて戻ってきてほしい!

推しメンの人生全てを知っている訳では無いではないが、あなたは『継続する』『コツコツ積み重ねる』という類の努力は物凄く得意だと感じている。反してここから半年求められる努力は『瞬発的に』『努力量を最大にする』という能力なのでは無いかと考えられる。にしても瞬発的な能力を半年続けるのは並大抵ではない。

しかも、大人びて見えるがストレス耐性もキャパも年相応程度だ。だから思い詰めないでほしいし、余計なことは考えないでほしい。

 

1オタクの言動がストレス要因になりうると考えることすら驕りな気もしなくもないが念の為宣言しておきたい。

『半年後も必ずあなたを好きでいる。I Promise』

上記のカッコよさ1と気持ち悪さ99の言葉に注釈を添えたい。

これは半年間脇目も振らず石のように耐える。という意味ではない。もしかしたら新しい推しメンを見つけることもあるかもしれないし、他の子への熱量が異常に高くなることもあるかもしれない。そしてきっと悲壮感をさして感じさせずヘラヘラ過ごすことになるであろう。

ただし、長く会えない間も一秒も忘れないことを誓うし、復帰するよ!ってタイミングでは必ず会いに行く。これもっと言うとこの半年の話ではなく一生そう。会えなくなる世界線が訪れた日もずっとあなたのことは好きだし忘れることはない。一度好きになったからには一生応援しますという約束。

 

8月中に思い出いっぱい詰め込んで寂しくならないように冬眠の準備しときたいね。対戦宜しくお願いします。

BURN

連続ブログになってしまった。軽い執筆ゾーンかもしれない。

統一感を持たせる為の英語タイトル

意味は燃える・燃え上がる

尚、英語が得意な訳ではない。むしろ苦手だ。

 

今回は推しメンとオタクの話

 

横浜にあるメイドカフェ ルポリアのななせちゃん

 

年齢非公開ではあるがお酒飲めない年齢でして、

ロリコンを自称する私はJCが好き、JKが好きってのをよく言うのですがこれは見る対象としての話が基本で一推しに求める信頼関係の構築とか私のガチ恋厄介オタクを対応するにはJD世代以上の方が上手く受け流してくれるな〜と常々思っているのですが、ななせちゃんは人生5周目?ってくらい人心掌握術に長けていて上手く転がし、上手く受け流してくれます。

 

ななせちゃんの好きなとこの一番が好意を過不足なく伝えることが出来る点です。

愛は常日頃から沢山伝えた方が良い

これは先代推しメン中元日芽香さんが最後のアンダラスピーチで話した言葉でして、今でも私はこの教えを忠実に守り、好きな人には沢山好きを伝えることにしています。ただし、これは少し過剰でも良いや沢山届けーのスタンスなのです。

これに対してななせちゃんがとてもとても優れているのが自分の気持ちを鮮度良好な状態で100%届ける事が出来ること。愛はオタクが推しメンに届けるもの、推しメンは対不特定多数のファンに感謝の気持ちさえ持っててくればそれで良い。とは思うもののやっぱり自分の事を好きでいてくれるのはこの上なく嬉しい。しかも、過不足なく届けられた愛は曲解されることなく届くので、もっと愛されたいと不満に感じることが無い。素直に満たされる。だからこそ余計に届けてもらった以上の気持ちを伝えていきたいなとより一層思える。

 

天真爛漫な笑顔な裏にきっと私の知らない苦悩葛藤があるだろう。何かそれを救ってあげることが出来るなら喜んで手を差し伸べたい。ただそれを見せずにいたい、白鳥の様に水面では優雅に舞い、水中では必死にもがいているのなら水面を見て、キレイだねって肯定してあげたい。

 

要約すると、推しメンから享受するのはオタクの方だけど愛をぶつける量は負けたくないねという話でした。

 

生活と記憶

Keep Climbing キープクライミング

 

これは僕の座右の銘です。

デルタ航空の広告に使われてた言葉。

意味は『更に高みへ』。

向上心を表す言葉なのですがこの言葉の良いところは『更に』とあり現状でも相応の位置にいるということ。努力して今の位置にいるけどもっともっと上を目指そうぜ、というプライドと反骨心が詰め込まれた言葉。

 

はい、今日はPEDRO及びアユニ・Dさんのお話。

PEDROはBiSH アユニ・Dによるソロプロジェクトのバントでアユニはボーカル兼ベースを担当している。

 

完全に書くタイミング今日じゃない。今日じゃないのよ。

土曜日に武道館公演があるんですね。ソロプロジェクトで武道館ですよ?なかなかになかなか凄くないですか?

絶対に終わってから書けば良かった…

では何故今日ブログを書いているかと言うと今日You Tubでドキュメンタリー映画がプレミアム公開されましてそれがメチャメチャ良くて昂ぶってしまったから。良かった、本当に良かった。

そもそも僕、ドキュメンタリーってそんなに肯定派じゃないんですよ。

だって推しメンのドキュメンタリーなんてずっと見てるじゃないですか?今自分が見てる推しメンこそドキュメンタリーだと思うんです。なのでそんなに必要ないかなとは思ってるんです。

でもいくつか良いとこもあります。

①裏話とか第三者の意図による推しメン及びその周りの動き

推しメンの些細な動きは見逃さないとは思っていても周りにいる海千山千おじさんの策略までは読めなかったりするのでそこは良いですね。

②自分の感じてたことを推しメンが言語化してくれることによる答え合わせ。

こっちがメインですかね。あの時こうこうこう思ってこうした、みたいな話があると高確率で『だよね!そうだよね!』ってなるのであーちゃんと見えてるなとも思えるしちゃんと伝わってるよ!推しメンとも思えるし、ちょっとしたアハ体験でもありますよね。

 

事実は小説より奇なりという言葉があります。

小説/フィクションだって素敵です。フィクションに込められたメッセージって作者の人生観が詰め込まれてることが多いと思ってるので必ずしも作り物って訳では無いと思うんですよね。ただノンフィクションで伝わる推しメンからのメッセージはもっと雑味があると言うかなんと言うかキレイじゃないと言うか果汁丸絞りジュースと濃縮還元の違いのような、どっちが良いとかじゃなくてストレートに伝わってくるというか今回はそんな映画でした。

 

 

 

そんなドキュメンタリーの中でこの武道館に向けて作られた歌『東京』が発表されました。


f:id:kendochorai413:20210208235618j:image

良い歌詞ですね。これを知らんおじさんが書いててもなんとも思わんかもしれないけどそれこそ普段からこれ書いてる推しメンのドキュメンタリーを見てる身としてはこれが推しメンの生の声だということが伝わってくる訳で言葉一つ一つが宝物のように感じます。

 

札幌の女子高生が学校を中退して東京に上京して夢を掴む話。

これくらいの年齢で上京に賭ける歌が心に響かないはずがない。

YUIさんのMy Generationと一緒。いつの時代だってティーンの夢は熱い。

 

自分にもこんな時代あったなって。

バレーボールにかけた青春

全国制覇することに人生の全てを懸けて、目の前の敵に勝てるなら死んでも良いと思ってました。

でも時が過ぎ少し大人になると思うんです。あれだけが人生じゃなかったな。あそこで死んでも良いと思ってたなんて馬鹿げている。

でもまた時が過ぎ思うんです。あの時より熱くなることはやっぱり無いのかな。あの時死ぬほど熱くなれたのが羨ましいなと。

でもまだ遅くないんですよね。

アイドルに自己投影して自分が叶えられなかった夢を叶えてもらうのも結構だけど燃えてる熱い推しメン見て自分自身奮い立たせても良いじゃない。自分の人生だってまだまだこれからじゃない。

 

僕の嫌いなTL第一位が『推すとは?』『単推し至上主義』みたいなTLです。こっちは趣味でやってんだ、お前の価値観押し付けんじゃねぇ、と思う訳です。

ですが僕にも推しメンの基準があります。

推しメン=僕の人生を豊かにしてくれる人です。

推すという言葉からするに、

オタク=神輿を担ぐ人

アイドル=担がれる人

と考えがちですが僕は逆だと思っていて

多くのアイドルは誰かを元気にしたい、笑顔にしたいと思ってその職についてることが多いことと思います。輝くアイドルを見ることにより自分も頑張る、背中を推してくれる。

なんとも自分本位な考えではありますが僕の人生にプラスの影響を与えてくれる人は全員推しメンです。

特に今日のドキュメンタリー見てアユニさんには背中推してもらった感じがします。

 

武道館熱くなりそうだなと自分の人生にももう少し熱くなってみようかなと思った話。

 

 

 

 

 

100年先も互いを必要としあって生きていたいね

こんばんは

 

推しメンが卒業してしまいました。

まだ実感が沸かないだけなのか、不思議と虚無してません。

凄く幸せな気持ちです。

メチャメチャ取り繕った言葉みたいですが

出会えて良かった良かった。推してて良かった。今までありがとう。

の気持ちでいっぱいです。

何となくイメージ!干され芸?キャラ?と言うかキモイと言われたり流される事が多いイメージだったのですが、もうすぐ本人がツイ垢を消すという事で頂いたリプを遡ってたら物凄く優しい子なんですね。

ありがとう〜とか感謝〜とかそういう系統の言葉が非常に多かったのが印象的です。

後、かわいい〜とかカッコいいとか言ってくれるのエヘヘって感じですね。承認欲求強強おじさんなので褒められるの嬉しい。

後は浮気禁止!私だけ見てて!誰が一番好きなの?的な重い女の子なのもオタク心をメチャメチャくすぐりますね。かわいいかわいい。

これは妄想なのですが、付き合ったらメチャメチャ甘えてきそう。かわいい。でも扱い方によってはぷいっと拗ねてどっか行っちゃいそう。かわいい。

いや、卒業ブログなのにこのテンションおかしいんですよね。

でもこれもちの強さ?でメイドってアイドル的なところあるので擬似恋愛の側面あると思うのですが、その擬似彼女を全うし尽くしたのではないかと思う次第でございます。

いや、なんだろうなブログ書いたら今のこの気持ち言語化出来ると思ったんだけど圧倒的に語彙力足りてないな、ダメだ。

なんだろうな、満足したともちょっと違うし、綺麗な終わり方だから良かったともちょっと違うし難しい。

でもハッピーであることは間違いなくて、推しメン大好き!という感情を抱き続けてて、今日も生きてるということです。

この気持ちでいさせてくれる推しメン偉すぎる、もう一生こんな素敵な推しメンに出会えんかもしれん。

 

ありがとうもち

フォーエバーもち

なんか上手く言語化出来そうだったら追記します。

冬嫌いだわ

こんばんは。お久しぶりです。

 

推しメン卒業するんだってさー😭😭😭😭

シュガクロのもちちゃん


f:id:kendochorai413:20201113221821j:image

※画像は無断使用です。

※そんな注釈ある?

 

寂しい😭😭😭😭😭😭

推しメン卒業の時しかブログ更新しない人、即ち推しメンがしょっちゅう卒業する人、即ち推しメンよく辞めさせる人、即ち推しメン病ませる人みたいになってますがそれは違います。ご承知おきくださいませ。

 

でも理由とか知らないんだよな…

なんとなく分かるような分からないような気がするけど、早くお話ししたいな。

でも悪い選択じゃなさそうなんだよな。もっと良い選択肢沢山ありそうなんだよな。というのは正直なところで寂しさ哀しさはあれど怒ったり止めたりって気持ちには全くならないかな。

まだ実感湧いてないってのもあるかもしれんけどね。

早く実感湧いてほしいよね。

実感湧いて来たら一分一秒を無駄にしない!刹那を生きる!というモードになってより濃度の高い時間を過ごせそうだなと思うんですよね。

 




f:id:kendochorai413:20201113223217j:image
うっ…かわいい…好き

※画像は無断使用です。

 

もちとは出会って3ヶ月。

出会ったその日から推しメンなので推しメンになってからも3ヶ月。

短い時間でしたがとても楽しかったです。

決して無駄ではありませんでした。

長い人生のほんの一瞬の出来事ですがきっと忘れることはありません。人生最後の日、病床で孫たちに看取られながらもちの顔を思い出します。そう、これはひと夏の恋、アバンチュールだったんだね。

もちにとってもシュガクロでの時間が人生においてかけがえのない時間になっていたら良いな。

 

まだ後3回も会えるもんね

楽しい時間にしようね

沢山お話ししようね

沢山写真撮ろうね

沢山沢山笑おうね

 

 

イースタンリーグ布教ブログ

こんにちは

2020年3本目のブログです。

今日のテーマは今はまっているスポーツバーについてです。

この話を表面的な部分だけぬるっとさくっとお話ししますので是非宜しくお願いします。

 

1本目がリフレの話で、2本目がホストの話で3本目がスポーツバーの話。

アイドルオタクのブログじゃなくなちゃったんですかね?

 

自分が面白いと思ったものを信じ漂流する男のブログってことにしようかな。

 

はい、本日の主題は現在私が週5ペースで通ってるスポーツバー『イースタンリーグ』についてです。週6営業の店に週5で通ってるのなかなか凄いと思うんです。

 

そう、それくらい魅力に溢れるお店なんです。

 

そんなお店のコンセプトがこちら

『横浜のセカンドスタジアム  横浜最大級!‟スタジアム感覚”のコンセプトでまったく新しいスタジアムBAR』

です。

 

特徴はスタッフの女の子達が売り子のコスチュームを着用してること

監督(店長的な方)曰く、コンカフェでもガールズバーでもありません。

 

とは言え女の子達はメチャメチャかわいい。とにかくかわいい。新店よね?スポーツバーで求人出したんよね?どうしてこんなにかわいい子集まったん?というレベルの子達が勢揃い!導かれし運命って感じですね。

画像等はイースタンリーグホームページやインスタ等を参照してください。

https://eastern-league.jp/

 

ガールズバーではありませんを声を大にしてくれてるお陰で接客をされてない時間もストレスじゃないというのがこのシステムの良いとこだな~と思います。『接客されなくて当然』と心持ち出来るのは大きいですね。逆に女の子側も接客することが義務では無いので自分が面白い話や有益な話を出来たらずっといてくれる可能性もある訳で凄く良いシステムだなと思います。

 

私のハマり方や女の子の写真を見て興味を持った方達が一番懸念してることが『野球興味ないし...』なのですが心配御無用!無問題!

店内は勿論スポーツバーの趣ですがお客さんはそれぞれ思い思いの楽しみ方をしてますし、野球を強要する雰囲気も無いですし、女の子達も野球特化型では無いので全然問題なく楽しめます。なんなら私は野球が凄く好きですがお店を訪れた際はほとんど試合を見てません!(それは誇るな)

なので安心して来てください!!

 

ちょっと脈絡ない感じで話進みますがこのお店の良いところが女の子同士が仲が良いというのもあります。

百合っぽいというかなんというか、アイドルタイムっぽい時間にカウンター内でイチャイチャしてるのを見ると気分がほのぼのとします。多分オタクの好きな雰囲気だと思います。目の前で乃木撮撮ってますくらいのほのぼの感です。(伝われ)

 

このタイプのお店に行くにあたって推しメンの存在は非常に大事だと思うのですがここでもこのお店の強みがあります。

それが監督です。監督は多分ほぼ毎日いらっしゃるのですが全日本人男性が好きなタイプの女性なので監督と話せれば一定満足出来ます。雑にキャッチフレーズをつけるなら『超気さくスレンダー巨乳監督』です。

なので監督がいる安心感プラスで別で推しメンを見つける事が出来ればもう無敵です。

そして、推しが見つからないということもほぼ無いんじゃないでしょうか?

お前はチョロ過ぎて参考にならんよって話なんですけど僕は推しメンを一人には絞れませんでした。凄く魅力的な女の子多いです。

超単推し極めたらその子でブログ一本書きたいですね。

 

コスパです。

チャージ料が一時間半で立ち席300円~カウンター席1500円までで、ドリンクがソフドリ500円~、ビールやハイボールは700円程度なので、お酒を飲めない僕は最安で立ち席+ジンジャエールで800円で楽しむことが出来ます。しかもチケット制で先払いなので最後に驚きの高額提示をされることが無いのも安心ですね。

 

とまぁざっくり深夜テンションで表面的な魅力をお話ししたのですが、本質は中にいる女の子個人個人の魅力だと思います。一度足さえ運んで頂ければその本質にも必ずたどり着けますので是非一度私とお店に行きましょう!

今夜待ってます!

初体験

新宿駅東口

ここは眠らない街

 

アルタの目の前を通り抜け交差点を渡るとそこは日本屈指の繁華街、歌舞伎町

 

今日はアラサー男性がホストクラブに初めて行ったお話

 

歌舞伎町のネオン街を歩き、まずひとつ目の目印TOHOシネマズの右手を通り抜け更に奥へ、たどり着いた場所が、第六トーアビル。

良くないニュースも多い曰く付きのビルだ

 

お目当ては4F ROMIO&JULIET

 

ロミオとジュリエットと言えばどちらかと言うと恋愛悲劇なのに店名なのに採用されてるの面白いですよね。

いや、シェイクスピア作品の中では障害を乗り越えて成就させようとする話だから喜劇に近いのか?

ホストとの恋って障害多そうだから燃えそうとかそういうこと?

 

余談が入ったところでもう一つ余談なのだがここに来た理由は一人のホストに会う為。

彼の名は一颯陸、ここの店のNo.1ホストだ

彼を知ったのは暇を持て余したある日のSR

ホストも新規客獲得を目的にSRをやっていたようだ。

ホストのパブリックイメージ、チャラい・派手・ちょっと嫌な奴

まぁこんなとこだろう

 

しかし、彼は違う(違くない面もあるが)

誠実(に見える)、謙虚、優しいと少しイメージを変えられる人柄であった。

そのSR、ユーモアセンスは0であるが、圧倒的イケメンによる、謎の天然空間で癒しを与えてくれるので、基本SR10分しか見れない僕が2時間見てられるという稀有なルームなのです。

根がオタクなので、気になったら会いに行きたくなるというもので歌舞伎町まで足を運んでしまったのです。

 

話は第六トーアビル前に戻る。

エレベーター下りて、目の前の重厚なドアを開く。

開く前のイメージは豪華絢爛な装飾とド派手なスーツを着崩したホストが出迎えるイメージであったが、実際はもう少し入りやすい

 

適度な装飾と私服のイケメン。割と世界観に入りやすい。

そして、ドアを開いた瞬間、たまたま推しメンが目の前に。

『カッケエ・・・』画面越しに見るよりカッコいい、この顔に生まれたかった。そう思った。

 

システムこうだ

男性初回 90分 5000円

女性初回 90分 3000円(○○を見たで1000円になる)

二回目以降はフリーで20000円~らしい

 

席に着くとジンロ?かな?と缶のお酒があって一人二缶って言ってた気がします(飲まんから分からん)

で写真指名が出来ます。一人三人まで絶対に回ってきてほしい人を指名出来ます。

 

その後は色々な方が5~10分程度でぐるぐる何回転もしていきます。

基本的に誰が来てもイケメンだし話せる人なので退屈することは無いですね。

全員が名刺を配るのですが名刺にも特徴があって面白い。高級そうな紙の人もいればラミネートの人もいて個性的。

 

何回転かした頃、推しメンがやって来て隣に座って神!となった

そして、

推しメン『誕生日お祝いするからちょっと待ってて』と言い残し去って行きました

20分ほど経過した頃、ケーキが届いてお祝いしてもらえました。

お前ら、推しメンからケーキもらったことある?というマウントを一生取っていこうと思いましたまる

 

一番良いなと感じたのが、お手洗いに立った際、個室から出てくるとおしぼりを持ったホストが立って待っててなんか神になったような気分になれること。日常、あんなに自己肯定感高められることない。

 

どこかの別宅でシャンパンが入った時のコールも聞けて『これだ』となっていつか入れてみたいと思わされたりもしました(絶対に入れるな!)

 

時は過ぎ終電間近

明らかに90分は過ぎている

ボーイさん『あと一回転です』

とのことであったが、時間ギリギリだったのでお会計をお願いした。

なんかメチャメチャ至れり尽くせりだったので、ボッタクラレないか心配だったのですがそこは明朗会計5000円ポッキリ。安心安心

 

最後は『送り』と呼ばれるシステムで気に入った人を指名して出口までお見送りしてもらってお別れ。

 

トータル、知らない世界で凄く面白かったです。

年一くらいで行っても良いかなと思いました。